現代の様々なスポーツや競技において、筋力トレーニング・体幹トレーニングは必須条件のように言われている。果たしてそれは正解なのだろうか?

例えばバスケのフリースローを上達したいと思った時に、腕の力が無いからと言って、ベンチプレスや、腕のトレーニングをすることでゴールの確率は高まるだろうか?

 

サッカーも同等、PKを上達したいとスクワットで脚の筋力アップをはかれば、キックの技術は上がるだろうか?

 

答えは簡単だ

それだけでは不十分である

スポーツにおける様々な動作には”チカラ”だけでは表現できない目に見えにくい部分があります

それが感覚なのです

 

 


その1つが平衡感覚

 

蹴る・投げる・よける・打つ そんな当たり前の動作の言葉の前にはこんな言葉が付く

「バランスを保ちながら○○」

だからバランスを保つ平衡感覚が欠如していると、○○動作そのものが困難になってしまうのです

 


そして2つ目に固有感覚

 

 ゴルフのグリーン上であなたは最後の一打を打とうとしている

 

その距離は、3m

 

あなたはその為に、立ち幅、角度、クラブのふり幅、角度

様々な 身体の内なる情報に耳を傾けることになる

 

これが固有感覚です

 

 

 

そして3つ目に触覚

 

いわゆる腹筋が苦手のタイプに触覚入力不足があげられる

単純に起きられないのは、筋力がないのではなく床を背中で押す感覚が無いのも原因

 

赤ちゃんが寝返りするのを考えれば明白で、彼らが筋肉や筋力といった概念があるだろうか?

彼らは皮膚にちりばめられた触覚というセンサーを使いながら、”寝返り”を行っているのです

 

 

スポーツにおいて

上にあげた、平衡感覚・固有感覚・触覚を上手に繋げ合わせ

身体をコントロール出来ることが

 

「巧い!センスがある!」

と言ったことになります

 

ですから単純に筋肉をつければいい!体幹を固めればいい!

とは浅はかな考えなのです

 

 

キヅスポでは「得意な感覚をさらに伸ばし、苦手な感覚を磨きます」

 

あなたのヘタクソ、上手くならないのは、練習方法に問題があるのです

磨けばみんな光る原石

さぁ、君の力はそんなもんじゃない!!