キヅスポはこんなところ


運動神経が良いのは生まれつき?

 

あの子はもともと足が速かったから・・・

両親もスポーツ万能だもんね・・・

 

こんな嘆きごとって良く聞きますよね?

これって要は生まれつき?DNAがすべてを決めてしまっているのでしょうか?


もちろん遺伝もあります

ただそれだけじゃ、悲しくありませんか。

それ以上に大切なことは環境です

こどもの頃から”カラダを動かす” ”様々な動作を学習していた” 

このことにより周りの子より少しだけ感覚が鋭かったのです


ですから運動神経が生まれつき良いとは
幼いころからそのスポーツ特有の身のこなしや感覚が身についていたということです


キヅスポではこの感覚を鍛えます
目に見えない感覚を鍛えることで

 

運動が苦手から好きに

スポーツが好きから上手に

この結果、笑顔が生まれ、自信がつきます

まさに一心同体


さぁ、カラダトアソブ旅に出よう!!!


感覚を鍛えるとは?

当店は ”カラダを動かす”ことに科学的かつ解剖学的にアプローチします

 

 

 そこで特に大切にしていることが人間の感覚”です

 

 

 

 キヅスポではいわゆる”トレーニング”は処方しません

 筋肉をただ大きくしたり、マシントレーニングもしません

 

なぜなら、それだけでは腰痛は良くならないし、身体も柔らかくならないことを知っているから

 

 

 

 

 

人間の感覚には視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚のいわゆる五感があります。

 

この中でもわかり難い感覚触覚です。

 

そしてあと2つある前庭覚固有覚です。

 

 

前庭覚とは一般的には平衡感覚とも言い、揺れや回転、速度を司る感覚です。

この機能が働きにくいと重力に対して身体の軸を維持・調整することが難しくなり

姿勢が崩れやすくなります。

 

 

固有覚は,筋肉に力を入れたり,関節を曲げ伸ばししたりすることで生じる感覚です。

関節や筋肉の動きから,身体の各部分の位置や運動の状態,身体への抵抗,重量を感知します。

私達が食事をする際、手を口に動かせるのはこの機能が働いているからです。

 

 

 

この3つの感覚を運動に組み込むことにより、より効果的にカラダを変化させることが可能となります

 

 

床の上で寝転んだり、バランスをとってみたり、逆立ちしたり

体すべてがトレーニングの材料になり教材にもなります

 

 

感覚は目に見えないとお思いの方が多くいるでしょう!

 

それは感覚を鍛えるということを教わってきていないから

キヅスポのカラダとアソブ体験で感じて下さい!

 

 

楽しく面白く体と遊んで、その結果

姿勢が良くなり痛みが消え、スポーツがうまくなってしまう

 

 

さらに、カイロプラクティックという身体のバランスを整える究極の技をプラスすることで
さらなる相乗効果が得られ、身体の不快な症状が改善されます


超積極的治療院でお待ちしております